Home symbol

表札の歴史・ルーツ

表札の持つ本来の意味やその役割、魅力や特徴について触れる前に、まずは表札の歴史についてご紹介します。今では通販サイトで表札を購入する事ができますが、実際のところ、一般人が表札を使い始めたのは明治初期になってからのことで、表札における歴史とはそこまで長いものではないとされています。それ以前にも武家屋敷においては苗字のみの表札はあることにはあったのですが、新政府になるのをきっかけにすべての国民が苗字を持つことを許可され、家の門には姓名と番地を入れた表札が出始めたのがその始まりだそうですが、当初はやはり表札を飾っていたのは裕福な暮らしをしていた資産家に限られていたようです。新築時に武家を真似て張り切ったのかもしれませんね。当時の表札は形もさまざまなら書き方にも多くの種類があったとされています。大半の表札は木製ですが、価格もかなり高いものだったそうです。明治中頃には陶器の表札が流行しましたが、やはり高価であったために一般には普及しなかったという背景があります。

表札のルーツは看板にあり

701年の大宝律令の修正版である令義解(833年)において、「市では商品の標を立て題を示すこと」という記載があり、この標が看板の始まりとされてます。具体的には、710年の平城京頃の東西両市でお店の標としてつけられた牒が標牒(標牒)と呼ばれ使用されていたようです。 標(ひょう)とは指し示し説くことを表し、牒(ちょう)とは、木札のことを指しているので、まさにこれこそが表札のルーツと言えるものでしょう。 さらに語源を追求してみると、日本歴史においては特に「標幟(ひょうし)」にその語源を探ることができ、織田仏教大辞典においては諸教典をまとめて、「標は表なり、又旌旗なり、標幟とは彰表の義。真言の法に身印器具等を以て如来内證の徳を彰表するを云う。」と記し、「大日経」の五においては「曼陀羅聖尊分位種子標幟」と種子と標幟との連語が記載されています。さて平安期以降の流としては木札から始まり、次に 暖簾(のれん)、その次には木簡、または簡板(かんばん:室町時代)、そして安土・桃山時代には商標としてのデザイン化まで進んでいったという敬意があります。 安土桃山時代末期から江戸時代に至っては「看せるための板」ということで「看板」として定着していったそうです。このポイントにこそ、表札が目的とする、無視できない根幹があります。これはつまり、看せるためのデザイン化であり、標榜するということに他なりません。ある意味、家屋を象徴とするシンボル・オブジェとも言えるでしょう。したがって、かつての安土・桃山の時代により看板が大胆に商品自体の形状を簡略化して木彫りの標識としたのと同様に、色や形、文字を精査してこそ表札としての流れを汲むことが出来るということでしょう。必ずしも、四角い板に墨書きしたものが 表札ではないということです。そういう意味では今現代では、材質やガラス系、陶器系や電飾系など意匠性に高い表札など揃っています。しかし、人が天地自然の大地をお借りした上で家屋を建て、そこに家の象徴である「標」を掲げることになるのですから、仮に家屋が自然素材で建てられていなくても、せめて表札だけでも自然の素材や正しい法則性によって、創られるべきであるといえるでしょう。

check